雨樋の詰まりを放置しておくとどうなる?

普段は目にすることが少ない雨樋。

雨が降っているときに雨樋から雨水が漏れてくる等で初めて雨樋の掃除について意識する方も多いのではないでしょうか?

雨樋の詰まりの原因は主に風で飛んできた落ち葉や砂埃が溜まり発生します。

近くに木があるところや海の近くにお住まいの方は、特に落ち葉や砂埃が溜まりやすいかもしれませんね。

そういったものが原因で雨樋の詰まりが発生するのですが、そのまま放置しておくと様々な問題が発生します。

・水はねの音が近所迷惑になる
・水たまりができる
・水はねにより外壁の汚れや傷み
・家の基礎周辺が劣化する
・雨樋が破損する
・水の浸入による雨漏り

さらに放置し続けると、全体的にごみや枯れ葉が内部にあると水の重さで雨どいはたわんでしまう、重さにより金具が外れてしまったりつなぎ目部分が外れたり、劣化などによりひび割れが生じるなど二次被害に繋がるので、詰まりの掃除では解決できずに雨樋を修理・交換することになる可能性もあります。
また、雨水が浸入し壁や柱に湿気を含んでしまうことで、水分を多く含んでいる場所を好むシロアリの住み家となってしまう可能性もあります。

雨樋の掃除だけを依頼するのは気が引けるかもしれませんが、放置して他の被害を引き起こしてしまう可能性もあります。

台風や大雨、雪等で破損する前に清掃を!

通常18000円程する雨樋クリーニングですが、

当社では5000円(税込)で清掃作業を行っております。

お気軽にお問い合わせください。0120-916-784受付時間 9:00-18:00

お問い合わせ

前の記事

北区S邸 トイレ点検